故人の荷物を片付ける|業者にも任せられる遺品整理について|故人の思い出を整理する

業者にも任せられる遺品整理について|故人の思い出を整理する

花

故人の荷物を片付ける

作業員

専門業者がいます

亡くなった人が残した荷物を片付けるために、遺品整理の専門業者を利用する人が増えました。三世代同居が当たり前だった時代であれば、遺品を整理するために血の繋がりのない赤の他人の手を借りることなど、全く考えられないことでした。なぜならば、家族だけでも遺品整理の人手を余裕で確保することができたからです。また、遺品整理を葬儀の一部と考える人が多かったため、他人に手伝ってもらうべきではないとされていました。しかし、現在のように核家族化が進んでしまうと、家族だけではいつまで経っても遺品整理を終えることができません。また、その作業を供養と同一視する人も少なくなりました。その結果、業者の利用を否定的にとらえる人がかなり減りました。逆に、いつまでも荷物を放ったらかしにしておくより、業者の手を借りてでも早く片付けてしまった方がよいと考える人が増えたのです。そのため、現在、神戸市内で営業している遺品整理業者はかなりの数にのぼっており、実際に多くの神戸市民がサービスを利用しています。

自分で片付けてしまう

神戸で営業している遺品整理業者の中には、生前整理に対応している業者がいます。生前整理というのは、生きているうちに自分で行う遺品整理のことです。まだ生きているわけですから厳密にいうと遺品にはなりませんが、終活の一環として自分で自分の荷物を整理しておきたいと考える人が増えました。人間誰しも、家族に見られたくない物を一つや二つは持っているものです。たとえ死後とはいえ、家族にそれを見られてしまうことを潔しとしない人が案外たくさんいます。とはいえ、自分1人だといつでも出来るという意識が働いてしまうため、なかなか処分することができません。でも、遺品整理業者を利用すれば、家族に見られたくない物を思い切って処分してしまうことができます。死後にいらぬ恥をかきたくないという人が大勢いるため、神戸では遺品整理業者の生前整理サービスが大人気になっています。